翻訳したいファイルの修正 - yasuking0304/desktop Wiki

このソースではまだ30ファイル位が翻訳プラットフォーム非対応のままである。

追加したい場合、下記のような手順で翻訳プラットフォームを追加する

VSCode で対象ファイルを探す

一番手っ取り早いのは横断検索で「__DARWIN__」で翻訳非対応ファイルを探す

WS000013

修正する

例として、\app\src\main-process\show-uncaught-exception.tsを修正する

WS000014

ファイルの頭の方にimport { t } from 'i18next' を追加する

WS000016

WS000017

↑の状態から翻訳対象をtつきに変更する↓

WS000018

このままでは、言語ファイルの管理がやりにくいので、第一パラメータに名前を付ける

言語ファイルの可読性を考えると、<ファイル名>.(ドット)<機能名>がよい

機能名は考えるのも疲れるので文言をスネークケースにして半角スペースはハイフンにするのが楽。他と被らないように。

ただ、短すぎると言語ファイルの管理がしにくく、あまりに長すぎるとソースが読みづらくなるので、ほどほどで。

元が __DARWIN__ の場合、Mac側に -darwin を付けると見やすい。

改行位置はあとで機械的に行うので考えなくていいです。

WS000019

翻訳ファイルに追加するにはNPMスクリプトからi18next-extractを実行する

WS000020

出力に「[warning] Found same keys with different values」が表示された時はキーが競合しているので、修正する

WS000021

こうなればOK

WS000022

変更ファイルから日本語ファイルを選択して開く。

言語ファイルは、ファイル名でグループ化されているので(さきほどネーミングルールを指定したのはこのため)探すのは難しくないと思う。

WS000023

英語や機能の知識があれば自分で、無理であれば Google翻訳なり Bing翻訳 なりを使えばよい。ただ、自分が知らない言語を無理に機械翻訳する必要はないと思う。

日本語以外の人には従来通り英語のままで表示される(そのうち有志が頑張って翻訳してくれる)。

ビルド準備

NPMスクリプトからlint:fixを実行して、改行位置などの自動調整を実施。

WS000024

次にビルド。

NPMスクリプトから、build:prodを実行する(言語だけの修正ならdevを使う必要はない) WS000011

Core i3、RAM 8M、普通の3.5インチハードディスクで 4分50秒くらい時間がかかる。

Core i5、RAM 16M、SSDでも4分20秒 かかるので、それほど環境に拘る必要はない。

動かす

NPMスクリプトから、start:prodを実行する(Macの場合、成果物を直接実行してもcliが実行されずメニューが日本語化されないので特に注意)

WS000012

文言修正が対応されていたら、コミットする前に jestを実施してエラーがないことを確認

WS000025

問題なかったら、コミット。以上。

⚠️ **GitHub.com Fallback** ⚠️