設定ファイル - stuncloud/UWSCR Wiki

ファイルの所在

設定の優先順位

上が優先される

  1. OPTION設定
  2. settings.json
  3. デフォルト設定

設定ファイルの内容

{
  "options": {
    "opt_finally": false,           // bool  : fially部を必ず実行するかどうか
    "explicit": false,              // bool  : 変数初期化にdim宣言を必須とするかどうか
    "dlg_title": null,              // string: (未対応) ダイアログのタイトル
    "log_file": 1,                  // number: ログファイルの出力方法
    "log_lines": 400,               // number: (未対応) ログファイルの行数
    "log_path": null,               // string: ログ出力フォルダ
    "position": {                   //         (未対応) メインGUIの座標
      "left": 0,                    // number:   ウィンドウ左上のx座標
      "top": 0                      // number:   ウィンドウ左上のy座標
    },
    "default_font": "MS Gothic,12", // string: (未対応) ダイアログなどのフォント
    "fix_balloon": false,           // bool  : (未対応) 仮想デスクトップにも吹き出しを表示するかどうか
    "no_stop_hot_key": false,       // bool  : (未対応) 停止ホットキーを無効にするかどうか
    "short_circuit": true,          // bool  : (未対応) 短絡評価を行うかどうか
    "opt_public": false,            // bool  : publicの重複定義を禁止するかどうか
    "same_str": false               // bool  : 文字列比較などで大文字小文字を区別するかどうか
  },
  "browser": {
    "chrome": null,                 // string: BrowserControlで操作するGoogle Chromeのパス (nullなら自動取得)
    "msedge": null                  // string: BrowserControlで操作するMicrosoft Edgeのパス (nullなら自動取得)
  },
  "$schema": "https://github.com/stuncloud/UWSCR/releases/download/0.2.1/uwscr-settings-schema.json"
}

設定ファイルのデータ型について

設定ファイルを読み取れない場合

書式が不正な場合は設定ファイルの内容は読み取られません
その場合はデフォルト設定が適用されます
また、エラー内容がコンソールに出力されます

json schemaについて

設定ファイルの$schemaは設定ファイルに対応したjson schemaのURLです
Visual Studio Code等でjsonファイルを編集する際に補完機能が使えるようになります
※ URLは変更になる場合があります

json schemaのオフライン利用

オフライン環境ではschemaファイルのローカル出力をご利用ください
uwscr --schema [パス] を実行すると指定パスにuwscr-settings-schema.jsonを出力できます
このファイルのパスをurlに変換し設定ファイルの$schemaに指定します

ファイルパス→URL変換例

| パス | D:\uwscr\uwscr-settings-schema.json | | 変換後 | file:///D:/uwscr/uwscr-settings-schema.json |

PowerShellでの変換

(*'-')> gi D:\uwscr\uwscr-settings-schema.json | %{[uri] $_.FullName} | select AbsoluteUri

AbsoluteUri
-----------
file:///D:/uwscr/uwscr-settings-schema.json