ウィンドウ操作関数 - stuncloud/UWSCR Wiki

GETID

実装バージョン: 0.0.4

指定ウィンドウのIDを返します

戻り値 = getid(タイトル[, クラス名, 待ち時間, MDI子タイトル])

特定ウィンドウ指定

戻り値 = getid(定数)

CTRLWIN

実装バージョン: 0.0.5

対象ウィンドウに命令コマンドを送信します
ID0を更新します(※)

ctrlwin(ID, コマンド定数)

※ 渡されたIDのウィンドウをID0に紐付けする

ctrlwin(getid(GET_ACTIVE_WIN), HIDE)
sleep(1)
ctrlwin(0, SHOW)

STATUS

実装バージョン: 0.0.5

対象ウィンドウの各種状態を取得します

戻り値 = status(ID, ST定数 [, ST定数,  ST定数, ...])
id = getid("uwsc", "HH") // uwscヘルプファイル
s = status(id, ST_TITLE, ST_CLASS, ST_HEIGHT, ST_WIDTH)

print s[ST_TITLE]  // uwsc
print s[ST_CLASS]  // HH Parent
print s[ST_HEIGHT] // 778
print s[ST_WIDTH]  // 1251

MONITOR

実装バージョン: 0.0.5

モニタの情報を得ます

戻り値 = monitor([モニタ番号, MON定数])
for i = 0 to monitor() - 1
    m = monitor(i, MON_ALL)
    print "モニタ" + i + ": " + m[MON_NAME]
    print m[MON_X] + ", " + m[MON_Y]
    print m[MON_WIDTH] + " x " + m[MON_HEIGHT]
next

ウィンドウ関数低レベル

MMV

実装バージョン: 0.0.4

マウスカーソルを移動します

mmv(x, y [, ms])

BTN

実装バージョン: 0.0.4

マウスボタン操作を送信します

btn(ボタン種定数 [, 状態, x, y, ms])

KBD

実装バージョン: 0.0.4

キーボード入力を送信します

kbd(仮想キー [, 状態, ms])
// a が入力される
kbd(VK_A) 

// A が入力される
kbd(VK_SHIFT, DOWN)
kbd(VK_A, CLICK, 100) 
kbd(VK_SHIFT, UP, 100)

// A が入力される
kbd("A")

// あ が入力される
kbd("あ")

// abcde が入力される
kbd("abcde")

ACW

実装バージョン: 0.0.4

ウィンドウの位置やサイズを変更します
ID0を更新します(※)

acw(id [, x, y, h, w, ms])

※ 渡されたIDのウィンドウをID0に紐付けする

acw(getid(GET_ACTIVE_WIN), 100, 100)
sleep(1)
acw(0, 200, 200)

ウィンドウの表示スケールが変更されている場合、指定した値通りにならない場合があります

例: 2736 x 1824 125%表示 の場合

acw(id, 100)
print status(id, ST_X) // 101