HELP - HeRoMo/address2geocode Wiki

ヘルプ

利用上の注意

  • 変換できるのは日本の住所のみです。
  • 精度は番地レベルです。
  • 複数の列を選択した時には左端の列を住所とみなします。
  • 出力カラムが空でない場合にはその行をスキップします(緯度経度で上書きしません)。
  • 処理が終わってから、結果がスプレッドシートに反映されるまで若干時間がかかる場合があります。

FAQ

実行後、結果に表示される数の意味がわかりません。

処理の結果として、住所数、スキップ数、失敗数を表示します。それぞれの意味は次のとおりです。

  • 住所数:住所として選択したセル群の中の文字が入力されているセルの数です。入力住所の候補です。
  • スキップ数:出力セルが空でなかったため、結果を書き込まなかった住所の数です。
  • 失敗数:住所から緯度経度に変換できなかった住所の数です。
変換に失敗している住所があるようですが理由がわかりません

結果の失敗数が 0 でない場合、指定された住所の中で緯度経度への変換が失敗しているものがあります。 失敗する理由として次の項目が考えられます。確認ください。

  • 英語等、日本語以外で住所が入力されている
  • 日本以外の場所の住所が入力されている
スキップされる行があるのですが、理由がわかりません

緯度・経度いずれか一方のセルが空でない場合にはその行はスキップします。 スペース等表示されない文字が出力セルに入力されている場合もスキップします。 出力セルに何も入力されていないことを確認してください。

位置が微妙にずれているようなんですが...

内部で利用しているCSISシンプルジオコーディング実験 (街区レベル位置参照情報) API は番地レベル精度ですので、同じブロック内の少しずれた位置の座標に変換されることがあります。