HowToTransifex - python-doc-ja/python-doc-ja Wiki

翻訳手順

作業の手順はおおまかに次の通りです

  1. 翻訳作業環境を選ぶ
  2. 翻訳作業に必要な知識に目を通す
  3. Transifexで翻訳する

これ以降の作業は CI で行われ、人の手は不要です。

作業環境ごとの作業

ブラウザ上で作業する

Transifex にログイン後、Python プロジェクトの Languages > Japanese を開いて、翻訳したいファイルを探します。ファイル名は、URLのパスの /-- に置換されたものになります。

翻訳したいファイル名をクリックするとダイアログが出るので、 翻訳 というボタンを押すと、翻訳画面に移動できます。

翻訳画面は3ペインになっていて、左が原文のリストが表示されるメッセージ一覧、真ん中がメッセージ一覧で選択したメッセージを翻訳する翻訳画面、そして右または下(画面の幅によって変わります)に提案や用語集などが表示されます。

翻訳画面で 原文 に対応する 翻訳文 を入力し、保存ボタンを押すとその翻訳が登録されます。ショートカットの TAB キーで保存しつつ次のメッセージに移動できます。

作業時のTips

エディタで作業する

自分の使い慣れたエディタで作業することもできます。

Python プロジェクトの Languages > Japaneseから翻訳したいファイルを選び、 翻訳用にダウンロード のリンクを押します。 po ファイルという形式のテキストファイルで、原文の断片とそれに対応する訳文の断片が交互に並びます。 msgid で始まる行に原文があるので、それに対応する訳文を msgstr で始まる部分に書いていきます。 Emacs の po-mode のように po ファイル専用の編集ツールもあります。

詳しくは Wikipedia:gettext などを参照してください。

翻訳が進んだら再度 Python プロジェクトの Languages > Japaneseから翻訳したファイルを選び、 ファイルをアップロード リンクでファイルをアップロードします。

翻訳作業に必要な知識

翻訳の形式について

Python のドキュメントのマークアップには、 docutils プロジェクトによって開発された reStructuredText に独自のディレクティブを追加して拡張して利用しています。 そして、 Sphinx というツールセットを利用して、HTML 出力へと変換しています。

reST の インラインマークアップ を参照してください。